試合戦評

記事検索

検索キーワードを入力して検索ボタンを押してください。
全文検索時、半角スペースで区切ってキーワードを絞り込むことができます。
タグによる検索は、入力されたキーワードと完全一致するタグが含まれる記事を表示します。

キーワード
検索方法

検索結果一覧

  • タグ「荒川区」の検索結果は4件です。

vs 蔵前ライツ戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 R H E
NYANKEES 2 0 0 1 2 2 7 12 4
蔵前ライツ 2 0 0 0 3 0 5 3 3

vs ケンズ戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 R H E
ケンズ 3 0 1 0 0 2x 6 6 4
NYANKEES 5 0 2 4 0 12 6 2

vs Team若葉

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 R H E
Team若葉 0 2 3 1 1 0 7 4 1
NYANKEES 0 0 0 0 1 0 1 4 4
この日もダブルヘッダーのNYANKEES。1戦目は強豪のチーム若葉さん。何と1部と対戦をさせていただくので、胸を借りるつもりで臨みたい。 初回はお互い3人ずつで切る順調な立ち上がり。久しぶりの先発マウンドとなった齋藤は、久しぶりとは思えぬ安定したマウンドさばきを見せる。しかし四球で出したランナーを安打と失策で失点し、2回に早くも2点のビハインドを背負う。 試練は続き3回も先頭打者に痛烈な左中間を破る3塁打を打たれ、その後制球が定まらないまま、四球とワイルドピッチでジリジリと失点していく。しかし投げることで微修正を行うあたりは流石の齋藤。相手打線の4番以降を三振、(四球)、三振、三振(振逃)、サードゴロで切る。 5点ビハインドとなり、早く反撃をしたいNYANKEESは3回の裏の攻撃、居原、宇田川の四球でチャンスを作る。しかし続く西脇、齋藤が倒れ数少ない得点機会をものに出来ない。 4回にも失策が重なり1点を失う。 5回の裏NYANKEESは5番吉村が無死より幸先の良いセンター前テキサスヒットを放つ。中川が四球で続き、宇田川の内野安打の間に1点を奪う。しかし後続が続かず、この回終了。 齋藤も中盤の山場を乗り越え、後半はリズムを取り戻し最小失点での投球を続ける。 最終回に一死から下田の痛烈なレフト前ヒットで出塁。続く2番山田がライトの頭上を越える豪快な2塁打を放つ。下田は一気に本塁へ突っ込むが、相手の的確な中継プレーの前に得点を阻まれる。 結果7対1と力の差を見せ付けられた試合内容となった。

vs XCALIBUR

今日は南千住野球場にて遠征試合。対戦相手は、足立区のXCALIBURさん。実力のある強豪チームだ。一時は昼過ぎにあかりが差込み、天候が持つと思われたこの試合。 思わぬ結末を迎えることとなる。 初回、先発の池田は切れのある直球と緩急をうまく使い、強豪XCALIBUR打線を1点に抑える。 後攻のNYANKEESは居原の四球を足がかりにチャンスを広げ、前試合まで5打席連続安打中の4番町口にまわってくる。相手投手の巧みな緩急に怯むことなく、見事センター前へヒット。初回から1点を返し、打撃戦の予感させる初回の攻防であった。 2回、池田は四球と長短打で2点を取られ、徐々に相手打線が牙を剥きかけたその時、雨がしきりと強くなり、一旦試合は中断。その後すぐに止むと思われた雨は、一向に止む気配を見せず、むしろ強さを増すばかり。相手側ベンチも霞むほどの豪雨に、雨天コールドゲームとなった。

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

RSS

試合戦評の新着記事をRSS配信中!
NYANKEES 試合戦評