試合戦評

記事検索

検索キーワードを入力して検索ボタンを押してください。
全文検索時、半角スペースで区切ってキーワードを絞り込むことができます。
タグによる検索は、入力されたキーワードと完全一致するタグが含まれる記事を表示します。

キーワード
検索方法

検索結果一覧

  • タグ「船橋市」の検索結果は3件です。

vs ストレンジャーズ戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 R H E
ストレンジャーズ 0 0 0 0 0 0 0 3 0
NYANKEES 2 2 0 1 1 0 6 9 1

vs モンスター戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 R H E
モンスター 0 2 0 0 0 0 0 2 1 1
NYANKEES 1 0 3 0 0 0 x 4 2 1

vs Fellows

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 R H E
NYANKEES 1 0 0 3 2 0 6 6 3
Fellows 0 0 0 5 0 0 5 3 3
本日の対戦は、船橋の新鋭チームFellowsさん。礼節のあるとても好印象のチームだ。 さて本日は、先週の勢いに乗っかり連勝と行きたい所。今年初参戦となる青山の打撃に注目だ。 幸先良く初回から得点圏へランナーを進める。池田は四球の後、すかさず盗塁で2塁を陥れる。 ここで4番町口が左中間を真っ二つに割る2塁打で4番の仕事を果たす。 本日の先発は前々回好投した西脇。だが、今日の調子は今ひとつ。しかし悪いながらも、要所は締め試合を作る。 2回に復帰初戦の青山の1打席目。Fellows先発右腕の直球を、明らかに軟式では無い音を響かせながら左中間へ叩き返す。 しかしこの2塁打も得点には結びつかず、3回終了まで1対0と両先発が引っ張る形の試合展開となったが、4回のNYANKEESの攻撃で試合が動く。 Fellows先発投手は尻上がりに調子を上げ、この回も連続三振で簡単に二死まで取るが、青山の放った3塁への強いあたりは、相手内野手のミスを誘い出塁に結びつく。 続くは斉藤。際どいコースを我慢しながら、打ち返した打球はレフトフェンス直撃の2塁打。これでチャンスは2,3塁に広がる。 続く西脇は遊撃手へのゴロ。しかし打ったところが良かったか、競争に勝ち内野安打。待望の追加点の2点目を奪取する。 打順は先頭に戻り1番山田。二塁への強い打球は相手のミスを誘い、この間に斉藤・西脇と生還し、この回一挙3得点。 しかしこの攻撃で相手も発奮したか、その回の裏Fellowsは大反撃に転ずる。 西脇の制球もこの日は定まらない上に、打順は2順目。しっかりと捕らえだす。四球や送球エラーでランナーをため、単打でコツコツと返され、なんとこの回一挙に逆転されてしまう。 しかししかし、先週の勢いに乗り、NYANKEESは5回も反撃の手を緩めない。町口・下田の連続四球で一死一・二塁、更に相手投手のワイルドピッチで同点、あわよくば逆転のチャンス。 ここで打席には6番宇田川。相手投手の直球を逆らわずに上手くライト前にポトリと落とす、値千金の同点タイムリーヒット。 更に、一死一・三塁から、なんと、二盗を敢行!巨体を揺らし激走で2塁を陥れる隙を、三塁ランナー下田は見逃さなかった。ディレイトスチールで本塁へ駆け込み見事逆転に成功。 その裏からは2番手池田が好投を見せる。5回・6回と打たれる気配すら感じさせない投球を披露し、シャットアウト。 NYANKEESは見事6対5という大接戦を制し連勝を飾った。

CALENDAR

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

RSS

試合戦評の新着記事をRSS配信中!
NYANKEES 試合戦評